諒設計アーキテクトラーニングがお送りする通信教育ブログ

諒設計アーキテクトラーニングは資格を簡単に取得できる人気の通信講座です。

スムージーにすれば野菜を手軽に摂取できる!

みなさん、こんにちは!

 

近年では食生活の変化に伴って、

野菜不足になっている人がどんどん増えてきています。

 

お肉だったりジャンクフードだったり、

一般的には味が濃いものの方が美味しく感じられるので、

どうしても野菜不足に陥りがちです。

 

中には野菜の味が嫌いな人もいることでしょう。

 

しかし、お肉やジャンクフードなど

味が濃いものが食事の中心になってしまうと、

栄養素が偏ってしまい、体調を崩しやすくなったり、

イライラや悲しい気持ちになるなど情緒不安定になったり、

さらに仕事や勉強のパフォーマンスも低下しやすくなります。

 

野菜にはビタミン、ミネラル、食物繊維をはじめ、

栄養素が豊富に、バランスよく含まれていますので、

健康を維持するために、日常生活の有意義なものにするために、

欠かすことができない食材なのです。

 

また、美容においても野菜は重要な役割を持ち、

野菜不足が続くと肌が荒れやすくなったり、

老化のスピードが早くなってしまいます。

 

ですから、日常的に野菜をしっかりと摂っておく必要があります。

 

そこで役立つのが「スムージー」です。

 

スムージーは野菜や果物を水で混ぜてミキサーにかけるだけで、

野菜や果物の栄養素を手軽に摂ることができます。

 

また、果物を加えることで甘味が出るので、

野菜が嫌いな人でも飲みやすいという特徴があります。

 

さらに、野菜を焼いたり茹でたりと熱調理すると、

野菜に含まれる栄養素の一部が失われてしまいますが、

スムージーでは基本的に生野菜を使いますので、

野菜に含まれる栄養素をそのまま摂取できるのです。

 

レシピにはさまざまなものがありますが、

野菜は小松菜やほうれん草、ニンジン、

果物はリンゴやキウイ、バナナ、ベリーをベースにすると、

美味しく飲みやすいスムージーになります。

 

これらにアサイーなどのスーパーフードを加えたり、

水の代わりに牛乳や豆乳、ヨーグルトを用いると、

よりバランスよく十分な栄養素を摂ることができます。

 

色々なバリエーションがありますが、

やはり美味しくないものは飲み続けられません。

 

自分に合う味を見つけるために、

いろんなレシピを試してみましょう。

 

自分で作るのが面倒という場合には、

市販のスムージーを活用するという手もあります。

市販のスムージーをいくつか試してみて、

気に入ったものがあれば

その材料をもとに自作してみるのも良いと思います。

 

野菜不足になると免疫力が低下し、

コロナなどの感染症の発症や重症化しやすくなります。

 

野菜不足を実感している方は、

この機会にスムージーを活用してみてくださいね。

 
--------------------------------------------------------------------------
諒設計アーキテクトラーニングでは、
「栄養食、健康食」に関する講座を多数ご用意しています。
講座の詳細については下記URL先でご覧ください。
→ https://www.designlearn.co.jp