諒設計アーキテクトラーニングがお送りする通信教育ブログ

諒設計アーキテクトラーニングでは趣味や教養からビジネススキルまで、豊富な通信講座をご提供しています。

エアコンの使いすぎ(クーラー病)には注意!心身の不調の原因に

みなさん、こんにちは!

今回は「エアコンの使いすぎによる悪影響」についてです。

 

夏が近づき、どんどん気温が高くなってきたことで、

エアコンを使う頻度も多くなったことと思います。

 

特に今はコロナの影響で家にいる時間が増えましたから、

エアコンの稼働時間も長くなっているはずです。

 

しかし、エアコンは家での快適な暮らしをサポートしてくれる反面、

使いすぎによって体にさまざまな悪影響を及ぼします。

 

悪影響として特に重大なのが「体温が低下する」こと。

 

私たち人間は恒温動物で、外の気温が変化しても

体温を一定に保てるようにできていますが、

保てる範囲には限定的で、低い気温にさらされ続けると

保てる範囲の下限に向かって体温が低下していきます。

 

そして体温が低下すると免疫力の低下を招きます。

免疫力は細菌やウイルスなどの外敵から身を守る力ですから、

免疫力が低下すると感染症にかかりやすくなりますし、

がんの発症リスクを高めるともいわれ、

持病がある方はその病気の悪化にもつながります。

 

また、体温が低下すると体のさまざまな機能が低下するので、

体のだるさや疲れやすいなど体の不調も引き起こされます。

 

ほかにも、思考力や判断力、やる気の低下など、

体だけなく、心に悪影響が及びます。

 

諒設計アーキテクトラーニング【STAFFブログ】

諒設計アーキテクトラーニング【STAFFブログ】

 

また、「熱中症にかかりやすくなる」のも大きな問題です。

エアコンを使いすぎると室内と室外の温度差が大きくなって、

外の暑さに体が慣れず、汗をかきにくくなります。

 

汗は体にこもった熱を体外に出す働きがありますので、

上手に汗をかけないと体に熱がこもってしまうのです。

 

 

エアコンの使いすぎは心身に大きな悪影響を及ぼしますので、

健康維持のために、使いすぎには注意するようにしましょう。

 

ちなみに、つけっぱなしがダメというわけではありません。

あくまで部屋の温度を下げすぎるのがダメということです。

 

夏場であれば室内温度は25~28℃が最適ですから、

この範囲内になるように調整するようにしましょう。

 

ただし、エアコンの設定温度を28℃にしたからとって、

部屋の温度が28℃になるわけではありません。

そのため、肌感で判断するのではなく、

室内温度計を使ってしっかりと管理することが大切です。

 
--------------------------------------------------------------------------
諒設計アーキテクトラーニングでは、
「生活」に関する講座を多数ご用意しています。
講座の詳細については下記URL先でご覧ください。
→ https://www.designlearn.co.jp